タイトル

最終更新日:2014/9/17

結婚式招待状を送る時期

結婚式を行う場合には、様々なマナーがあるので注意が必要となります。 結婚式を行う事が決まったら招待状を出す必要があります。 招待状を書く時には、新郎新婦の名前で出す場合と、両家の両親の名前で出す場合とがあります。最近では、新郎新婦の名前で招待状を出す場合も増えてきています。 結婚式招待状を出す場合には、終止符を打たない様にと、句読点を使わずに文章を作成するという慣わしがあるので自分で作成する時には注意が必要となります。 結婚式招待状が出来上がったら送る時期も大切になってきます。 結婚式招待状は結婚式を行う2ヶ月前までには、送る必要があります。 招待された方は、結婚式の3週間前までには、返事を返さなくてはなりません。 結婚式は招待する方もされる方も、準備が必要となるので、結婚式招待状を送る時期がとても重要となってきます。招待状を出す時には、招待客のリストを前もって提出する必要もあるので、出来るだけ早く準備を行う必要があります。

結婚式招待状の作り方、お届けする際の注意点

結婚式招待状の対応は、結婚式を行なう新郎新婦にとっての最初の難関と言えるでしょう。
まず作成自体を自分たちで行なうか、式場スタッフを含めた外部企業に委託するかで時間の余裕、金銭的な負担が大きく異なってきます。
時間に余裕がないカップルは、思い切ってプロに依頼するのも選択の1つです。
経費をかける分、各企業が責任を持って高品質な招待状を用意してくれることでしょう。
自作する場合は、ブライダルショップやウェディングアイテム販売店などで台紙・用紙・返信用はがき・封筒を、さらに郵送するゲストの場合は切手も購入する必要があります。
アイテムのメーカーによってはホームページなどでサンプルや作成の際の注意点を案内してくれるところもあります。
実際に作成するのは新郎新婦の場合が多いと思いますが、招待状の差出人は両家の親の名前にすることもあります。
フランクな印象の招待状もありますが、親族、職場の上司をゲストにお呼びすることが多いため、依然としてやや畏まったスタイルでの招待状が多く、「新郎家と新婦家の婚礼が相整い、式を挙げる運びとなったので、是非お越しいただきたい」という旨を、挙式予定日時・式場名などと共に記し、さらに各ゲストに返送してもらうための出欠はがきを同封する、というのが一般的です。
出欠はがきにてお祝いのメッセージを頂戴したり、披露宴での食事に対応するためのアレルギーをお伺いすることも増えました。
挙式予定日の2・3ヶ月前を目処に、遠方な場合を除き、各ゲストにはできるだけ手渡しできると良いでしょう。
やむを得ず郵送する場合は、返信はがきも含め、慶事用の切手を用意しましょう。

pickup

神奈川県の貸し事務所・貸し店舗を面積、賃料から簡単検索。

横浜の貸事務所

カルティエ 修理・オーバーホール料金一覧

カルティエ 修理

東京を中心とした街コン・出会い系の本家

街コン 東京

処方箋・消費税不要でコンタクトレンズを安く簡単に購入できる通販サイト。

人気のワンデーアキュビュー

エルミンサッシ、窓一筋に、長年の技術と経験で歩んで参りました。エルミン窓の専門業者の株式会社SEIWAにお任せください。

ブラインド内蔵サッシ専門業者【SEIWA】

最終更新日:2016/7/22